2011年05月26日

ストレンジャー、ナイト・アンド・デイを更新しました

ビリー・ジョエル The Stranger
http://www.youtube.com/watch?v=37ODAmXZ-sY
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14561442

コール・ポーター Night and Day
http://www.youtube.com/watch?v=u87u9Oal3_U
(ニコニコ動画には既にアップロード済です
http://layelectone.seesaa.net/article/170680598.html)


震災後から個人でできる事を実行し、且つ節電等にも努めておりましたが状況は思わしくなく、恐らく自分が生きている間には事態の進展が見込めないようなので、様子を見つつ低空飛行で更新を再開する事にしました。
「Night and Day」はかなり前に動画の作成も終了していたのでYouTubeへはそのままHD規格でアップロードしましたが、以降は重量軽減のため、640×480で統一したいと思います。
今後の電力供給状況によってはまた更新がストップする事もあるかと思いますが、のんびりお待ち頂ければ幸いです。


「The Stranger」のイントロとエンディングの口笛はデフォルト・レジストレーションが気に入らず、例によって例の如くタッチ回りから音色そのものまで手を入れています。
楽譜の指示ではベンド(音を曲げる)は2nd EXP.でとなっていましたが、自分の操作では曲がり過ぎて気に入らなかったのでいつも通りのホリゾンタルタッチで実行しています。
今回はベンドの速度と深度を細かく変えると共に、イニシャルタッチを強めに入れて口笛の吹き込んでいる感じを表現してみました。鍵盤を押す速度によってイニシャルの入り方を、押し続ける力のかけ方によってアフターのかかり具合を、曲げ方によってベンドする深さをそれぞれ変えています。

歌の部分も音色自体を変更し、自分に弾き易いよう適宜ホリゾンタルを入れています。やはり人間の歌声は微妙な、しかし意図的なピッチ変更が多いので、これを鍵盤楽器で再現するのは難しいですね。

けれども一番難しかったのはエレキギターの二和音でした。
親指と小指または薬指で三つのタッチをほぼ同時に入れるのは、自分にとってはかなり難易度が高かったです。特にベンドを失敗してしまう事も多く、練習の殆どをエレキのベンドに費やしました(笑)
ラベル:Electone
posted by Lay at 10:51| Electone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。